MENU

Akine group

ABOUT US

新しい金属錯体・超分子の創成を目指した研究を行っています。詳細につきましては, 「研究内容」のページをご覧ください。 動く絵を使った研究内容紹介をお楽しみいただけます。

当研究室の研究活動は,下記プロジェクト等のサポートを受けています。

文部科学省科学研究費助成事業 新学術領域研究
配位アシンメトリー:非対称配位圏設計と異方集積化が拓く新物質科学
金沢大学超然プロジェクト
超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成

NEWS / EVENTS

  • 2017.9.26
    本学が提案した「ナノ生命科学研究所 (NanoLSI)」 (拠点長:福間剛士教授)が平成29年度世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)に採択されました。 秋根教授が本研究所にPIとして参画します。
    リンク:金沢大学・ニュース日本学術振興会・採択課題の概要
  • 2017.9.15-18
    錯体化学会 第67回討論会 および第2回日米二国間錯体化学会議(札幌)
    秋根教授がシンポジウムS1 "Dynamic Coordination Chemistry in Supramolecular Systems"にて招待講演を行いました。 このほか,当研究室から5件発表しました。
  • 2017.9.7-9
    第28回基礎有機化学討論会(福岡)
    当研究室から2件発表しました。
  • 2017.8.25
    秋根教授がマサチューセッツ工科大学(米国)を訪問しました。
  • 2017.8.7
    金沢大学キャンパスビジット2017。当研究室が物質化学類の体験実験を担当しました。 約80名の高校生が「金属イオンを使って多彩な色をつくってみよう」のテーマで体験実験を楽しみました。
  • 2017.8.3
    当研究室の研究成果をデザインした絵がChemical Communications誌の内表紙に採択されました。 また、本論文が同誌7月分のHOT Articleに選ばれました(8/16)。
  • 2017.7.24 - 8.10
    M. J. MacLachlan先生(カナダ・ブリティッシュコロンビア大学)を本学リサーチプロフェッサーとして招聘し,講演会・セミナー等を開催しました。
  • 2017.7.13
    秋根教授が石川県立羽咋高校で出張講座を行いました。
    また,本行事が北陸中日新聞および北國新聞(7月14日朝刊)にて紹介されました。
  • 2017.7.12
    当研究室の研究成果が Nature Communications に掲載されました。 研究内容 9 のページに概要(日本語)がありますので,ご覧ください。新作アニメーションも掲載されています。
    また,本研究成果が,北國新聞(7月13日朝刊),北陸中日新聞(7月14日朝刊)にて紹介されました。
  • 2017.7.7
    研究室旅行(山中温泉)
  • 2017.6.26
    山下正廣先生(東北大学)講演会
  • 2017.6.8-10
    International Symposium on Pure and Applied Chemistry(ベトナム,ホーチミン)
    秋根教授が招待講演を行いました。
  • 2017.6.3-4
    第15回ホスト・ゲスト超分子化学シンポジウム(立命館大学・草津)
    当研究室から3件発表しました。
  • 2017.5.31
    化学コースソフトボール大会(4/26-5/31)。当研究室は3勝1敗2分で2位でした。
  • 2017.4.22
    研究室でバーベキューをしました(浅野川)。
  • 2017.4.4
    ウェブサイトのデザインをリニューアルしました。スマートフォン対応となりました。
  • 2017.3.23
    卒業式(博士前期課程大学院生2名,学類生3名が卒業)
    小林聖弥(M2)が自然科学研究科長賞を受賞しました。
  • 2017.3.16-19
    日本化学会第97春季年会(横浜)
    当研究室から6件発表しました。
  • 2017.3.7
    平成28年度 化学コース卒業研究発表会(澤田,知場,山本)
    化学コース卒業生・修了生歓送会(金沢東急ホテル)
  • 2017.2.17
    Gwenael Rapenne先生(フランス・ポールサバティエ大学)講演会
  • 2017.2.14
    修士論文審査会(岡田,小林)
  • 2017.1.12
    有賀克彦先生(物質・材料研究機構)講演会
  • 2017.1.5
    学類三年生5名が研究室に配属されました。